本文へ移動

園長のブログ

日々のあれこれ ≪SINCE 2010≫

RSS(別ウィンドウで開きます) 

新入園児の皆様へ入園式についてのお知らせです。

2020-04-16
                                                                                                                                 2020-04-08
                                                                                                                            令和2年4月8日
新入園児保護者各位
                                                                                                               学校法人福島わかば幼稚園
                                                                                                                           園長 草野美恵子
 
                                                  新型コロナウィルス感染症予防に係る
                                                           入園式中止等のお知らせ
 
 お世話になっております。新学期から新型コロナウィルス感染症の予防のために、登園できないという現実が起きてしまいました。福島市でも、小中学校と特別支援学校が休校という通達が出たことで、当園も、昨夕メールにて連絡させていただいた通りの対応を本日から行っております。
 さて、楽しみにしている入園式について、健康であれば式に来ていただいて入園を祝いたいところです。しかしながら、福島市内でも新型コロナウィルスの感染が拡大しつつあることは間違いないと思われます。そして、健康に見えても、自分や隣にいる人が感染している可能性がある、という環境で生活していることを自覚しなければなりません。
 つきましては、現時点で、最善と思える対応策を、下記の通りと決定しましたので、ご連絡させていただきます。
① 4月10日の入園式は中止します。
状況が落ち着いて安全に行えると判断したら、改めて入園式を行いたいと思います。
 
② ①の決定に伴い、学校の休校期間に準じて4月21日までは家庭で過ごしてくださるようお願いします。
メールでお知らせした通り、現時点では5月8日まで自由登園を継続します。
4月8日現在、保護者が就労している方のみ19名の登園でした。
4月22日以降の通園については、決定次第ご連絡申し上げます。
 
③ 来週、家庭訪問を行います。(玄関ドアは開けなくて結構です)
年間予定表をはじめとするプリント類、入園祝い菓子、お楽しみ絵本等の配布と、お家の場所の確認を目的に、職員が訪問します。
訪問日については、前日までにメールで連絡します。ご都合のつかない方は、調整させていただきますので、電話にて連絡をお願いします。
訪問の際、インターフォンのあるご家庭はインターフォンにて、ないご家庭はドア越しに挨拶して、玄関先に置いていきますので、すぐにご確認くださるようお願いします。
 
 この決定はあくまでも現時点での決定です。変更がある場合はメールにてご連絡いたします。年間行事予定も同様に変更になることがあると思いますのでご了承ください。
 先の見通しがわからないのは、皆さん同じだと思います。今後も、自治体の判断に準じながら、福島わかば幼稚園の園児や保護者にとって、どのようにすれば一番良いのかを熟考して決定します。
 そして今は、「誰も感染しないこと」を第一の目的として、「感染者が出ないまま通常の園生活ができるようになること」を目標にして対応を考えております。
 不安もあると思いますが、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

新型コロナウィルス感染症対策と明日からの登園について

2020-04-05
                                                                                                                                 2020-04-05
                                                                                                                             令和2年4月5日
保護者各位
                                                                                                               学校法人福島わかば幼稚園
                                                                                                                           園長 草野美恵子
 
                                       新型コロナウィルスに関連した感染症対策等について
                                                       (重要なお知らせとお願い)
 
 陽春の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。とご挨拶したいところですが、連日の新型コロナウィルス報道と福島市における感染者が増えつつある状況の中、不安と戸惑い、様々な疑問を抱えながらの4月を迎えている方が大多数だと思います。
 さて、標記の件につきまして、4月5日現在、各種報道で周知されている内容以外に、自治体からの新しい事務連絡はありません。しかし、状況が毎日悪い方向に変化し、国も緊急事態宣言を出すか否か検討しているような状況の中で生活していることを、まず自覚しなければなりません。
 数日前に当園の近隣の企業に勤務されている方に感染が確認されましたが、同企業に勤務されている園関係者の方には、個別に電話させていただき、接触が無い等の状況確認が済んでおります。
 本日も県内で感染者が増加している状況ではありますが、園児や職員およびその関係者には今のところ感染を疑われる人が出ていないこと、そして自治体の指針を踏まえ、当園では下記のような対策をしつつ、明日4月6日始業式を迎えることにしました。以下①から⑤は現時点でのお知らせとなります。とりあえず、4月一杯を目安にこのような対応を続ける予定ですが、いつまで、という終わりを明言することができないことをご理解ください。
 ただし、現時点での判断ですので、これからの状況でまた変わる可能性もありますことを申し添えておきます。その場合はメールまたはプリントにて、できるだけ迅速にご連絡いたします。
 
① 2月25日から行っている自由登園を引き続き行います。
 感染はいつ、どこで、どのような状況で起こるかわかりません。できる限りの予防対策はしますが、それでも幼稚園や学校という環境において、完璧に予防することはできないことを明言せざるを得ません。
 混雑を避けて早く迎えに来るなど、ご家庭ごとに判断して下さい。薬もワクチンもない未知の目に見えないウィルスが相手です。園に入る国や自治体からの情報はお知らせできますし、出来うる最善の対策を行いますが、私や職員の力で大切なお子さんの命を守り切れるものではありません。 国の対策が最善であるとも言い切れません。今回は特に、保護者の皆さんが大切なお子さんのために考えて判断することが、重要かつ最良だと考えます。
 喘息等の持病のあるお子さんや、免疫力が弱く感染症にかかりやすい等の心配がある方は、特にご心配だとお察しいたします。ご家族でよく話し合ってご判断下さい。
※ 感染予防のため登園しない方へ
 感染予防で登園しない場合は、欠席にはなりません。同様に遅れて登園する、もしくは、早く降園する場合も遅刻、早退扱いにはなりません。連絡はメールシステムにてお願いします。連絡の際は便宜上、欠席、遅刻、早退等お選び下さい。予防のために登園しない場合は、理由のところで「感染症予防のため」を選び、連絡事項のところに「○月○日から○月○日まで予防のため休みます」等、記入して下さい。すでに何名かご連絡をいただいております。
 
※ 登園される方へ 
 先にメールで連絡した通り、朝は9時から9時30分の間に登園して下さい。30分の間、担当の職員が玄関で迎えます。
遅く登園したい方はこの限りではありませんので、メールシステムにて「遅刻」→「感染予防のため○時○分に登園します」と入力してください。職員が玄関で迎えます。預かり保育利用の方は通常通りおいでください。
 しばらくの間、園児以外は園舎内に入ることができませんのでご了承ください。園庭や駐車場での立ち話等は厳禁とします。速やかにお帰り下さい。
 降園は、年少組は11時15分。年中組と年長組は11時25分に迎えにおいでください。きょうだいで通園している方は、年下のお子さんの降園時間に合わせておいでください。
 
② 4月6日(月)の始業式と、4月10日(金)の入園式について
※ 始業式(進級児)
 窓を全て開けたホールにて、できるだけ距離を保って行う予定です。歌唱等は割愛し、進級したことを自覚して喜び合う15分ほどの式とします。マスクをして登園して下さい。
※ 入園式(新入園児)
 保護者は最大で2名までの参加とさせていただきます。(できる限り1名が望ましいとは思います)必ずマスクをしておいでください。また、できれば小さいお子さんは参加しないことが望ましいと思います。
 入園式に集合写真の撮影は行いません。理由は、マスクを外さない方がよい状況であること、撮影の際に密集、密接してしまうこと、感染予防で休む方がいることが予想されることです。
 秋に親子遠足を予定しておりますので、その時にクラスごとに集合写真を撮影できればと考えています。
 
③ 感染リスクを減らすために園ができること
※ 園児以外の園内への立ち入りを制限します。
※ 職員全員マスクをして業務にあたります。
※ 登園後速やかに石鹸で手を洗う指導をし、毎朝継続します。
※ 9時30分、10時、10時30分、11時に窓を開け放ち換気します。暖かい日は常時窓を開けて過ごします。雨が降らない限り、廊下等も窓を開けて過ごします。
※ 通園バスも換気をしながら運行します。
※ 降園後の掃除の際に、備品や使用した遊具の消毒を行います。また、随時、空間に次亜塩素酸ナトリウムの消毒液を噴霧します。
※ 園児の体調の確認のため、視診を強化します。
※ 園児同士がなるべく密集しないように配慮します。
※ 自治体から情報が入り次第、保護者と共有します。
 
④ 感染リスクを減らすために皆さんができること
※ 舞朝、必ず検温してください。平熱より高いと感じる場合、微熱でも登園しないでください。また、朝食をいつもより食べない、便が少しゆるい、咳やくしゃみが出る、元気がないなどの場合も登園せず家で様子を見てください。家族が体調不良の場合も同様です。
※ 園児本人はもとより、ご家族が感染したり、感染者との接触があった場合は、保健所に連絡するとともに園まで必ず連絡をしてください。(自治体への報告は義務ですが、園関係者や報道機関に個人情報を開示することはもちろん致しません)
※ 朝ごはんを必ず食べさせてください。夜は十分に睡眠をとってください。
※ 吸水性の良い清潔なハンカチを持たせてください。
※ 園に着いたら、玄関で明るくお子さんを園に送り出してください。
※ マスクをして登園させてください。保護者も送迎の際はマスクをしてください。
※ 小さめの水筒(自分で通園リュックから出し入れできる容量のもの。250~350ml程度で十分です)に水を入れて準備してください。コップで水を飲むことはしばらく控えたいと思います。
※ 体操着とクラス帽子で登園させてください。帰ったら全て洗濯してください。
※ 当分の間、預かり保育は保護者が就労している方のみとさせていただきますので、それ以外の方は、通常の降園時間に間に合うように迎えに来てください。
※ バスで通園する方は、送迎できる日は送迎にて登園した方がよいと思われます。(感染予防のため、しばらくバス利用を見合わせたい方は、お電話にてご相談ください)
 
⑤ 命を守るために
 現段階では、新型コロナウィルスに感染しないためには、誰とも会わず、一人で家の中にいるしかありません。しかしながら、働いてお金を得て、買い物をして、ご飯を食べないと、これもまた命を繋げません。それに、食べて寝るだけでは、人も動物も健やかに成長することはできません。
 それでも、今、命を守るために最優先でしなければならないこと、(そしてそれは、今の自分に出来うる最大限のこと)それは何なのか、自分の住む地域、生活環境、家族の年齢や免疫力、仕事のことなど、よく考えて行動することが大切だと考えています。緊急事態宣言こそ出ていませんが、誰が感染していてもおかしくない現状で、何度も目や耳にした、専門家や自治体の長が繰り返している下記の内容を一つずつ丁寧に行うことが、今できることだと思います。
1.密集(人が集まること)、密接(近距離での会話や発声)、密閉(換気の悪い空間)を避けること
2.不要不急の外出を避けること
3.十分な栄養と睡眠をとること
4.手洗いや消毒を行うこと
5.咳エチケットを実施すること
 お気づきかと思いますが、幼稚園や学校においては、まず1がとても難しいことです。また、4の手洗いは強化指導しますが、アルコール消毒液がなかなか手に入りません。
 そこで繰り返しになりますが、ご家庭での、お子さんをはじめとしたご家族の健康状態の把握(熱、咳、食欲、便の状態等)、行動の把握と不要な外出の自粛、栄養と休養をしっかりとる、等を心掛けることが重要になると思います。
 福島市幼稚園・保育課より発行された「新型コロナウィルス感染症の予防および対応について」(始業式、入園式に配布)もお子さんと一緒によく読んでくださいるようお願いします。

読書カード

2020-01-14
年末の子どもたちの様子を見ていて、3学期初日の登園はまず心配ないな、と思っていました。
そして、私の期待通り、みんなとても良い顔を見せてくれました。
冬休みの家庭生活が充実していたからだと思います。
 
さて、終業式に約束したこと。
早寝早起き
ご飯をしっかり食べる
一日ひとつお手伝いをする
ゲームやyoutubeといったメディアはお家の人と約束してやりすぎない見すぎないで、本をたくさん読んでもらう
 
みんなよく覚えていて、概ね約束は守れた様子です。
ご協力ありがとうございました。
 
今年の冬休みは、読書カードを提案して作ってもらいました。
どんな本を読んでもらったのか、子どもたちと先生で話が弾むことと思います。
 
読書カードが足りなくて何枚も付け足して書いてくれたお母さんもいます。
本を読んであげる、読んでもらう、という親子の時間をたくさん持てたことは、お母さんにとっても子どもにとっても、幸せなことです。
 
言うまでもありませんが、テレビやスマホの画面と過ごすより、お父さんやお母さんの声でいろいろな本を読んでもらうほうが良いですからね。
脳が成長する幼児期にスマホやテレビとどう付き合うべきなのかを、私たちはしっかり考えなければなりません。
 
さて、明日「家族ふれあいデー」に向けて、プリントをが配布されます。
負担に思わず、おもしろがって取り組んでいただければと思います。

絵本の紹介をします。

2020-01-02
クリスマスから年末年始と賑やかに過ごしたことと思います。
さて、冬休みも後半に入りました。
そろそろ生活時間を普段通りに戻していきましょう。
 
本の読み聞かせ、してあげていますか?
先生たちのおすすめの絵本を紹介します。
絵本選びの一助にして下さい。
 
最初はさやか先生おすすめの絵本
 
冬休み、楽しく過ごしていますか?
作品展に来てくれてありがとうございました♪
 
さて、冬休み中は絵本を読みましょうねとお話ししましたが、たくさん読んでいますか?
先生のオススメの絵本を紹介したいと思います!
『にじいろのさかな』
という絵本です。
この絵本は、先生が初めて自分のお金で買った絵本です。
この本を選んだ理由はとても単純で『きれいだったから』でした。
でも、読んでみるとお友達を大切にする気持ちや相手を思いやる気持ちを育んでくれる素敵な絵本でした。
 
図書館やこむこむでも無料で借りることができますので、ぜひ見てくださいね!
みんながどんな絵本を読んだのかを聞くのが楽しみです!
 
2冊目はえりか先生おすすめの絵本
 
◯あおいトラ
文章は少ないですが、印象的な絵と、自分を肯定してくれる存在と出会えた後のたくましいトラが、心に響く絵本です!
 
◯タコやん
クラスでも人気の絵本でした(^^)
ある日海から、ノタコラペタコラやってきた、なんでもできちゃうタコのお話。言葉の響きもおもしろい!
 
◯へんてこパンやさん
きつねとねずみの、可愛いパン屋さんのお話。たくさんの美味しそうなパンが登場して、巻末にはレシピも載っているので、親子で作るのも楽しそうですね♩シリーズ作品もおすすめです!
 
3冊目は私、園長のおすすめの絵本です。
 
『ジロがなく』
 
決して鳴かないジロが鳴いた理由は…
そしてその時、ジロの生き方の理由がわかります。
 
いろいろな年代、いろいろな立場や方向から考えさせられる絵本です。さて、あなたはどんな思いを抱くのでしょうか。
 
本は読むだけで様々ことを教えてくれて、様々な考えをもたらしてくれます。
つまり、非常に便利な子育てアイテム!
 
たくさん読んであげて下さい(^ ^)

令和2年度の募集説明会お待ちしております。

2019-09-09
いよいよ、明日9月10日から来年度の園児募集が始まります。
 
教育要領の改訂、保育料の無償化…、幼児の教育環境を見直して教育の質を高めようと、さまざまな改革がなされています。
 
教育に力を注ぐことは、地球規模で当然のこととして、行われなければならないことです。
(残念ながら現実はそうではありませんが…)
乳幼児期の教育はさらに丁寧に、細心の注意を払いながら、しっかりと行われなければならないと思っています。
 
もちろん、その大前提には、子どもたちの命を守るという一番大切な大人の仕事があります。
例えば、大地震などの自然災害、原発事故、不審者対策等々、明日何が起こるかわからないからこそ、対策も教育もしっかり行わなければなりません。(幼稚園でどんな対策をしているのかは、説明会でお知らせしますね)
 
幼児教育は幼稚園だけでできるものではありません。
家庭、園、地域社会がそれぞれの役割を果たすことにより、質の良い教育が行われるのです。
 
不慮の事態は大なり小なり、誰でも遭遇します。
辛いことも嫌なことも理不尽な思いをすることも、生きていれば山ほどあります。
泣いても怒っても誰かのせいにしても、解決しないどころか余計に事態は悪くなる可能性もあります。
 
そんなときに、自分で考えて対策が取れる人が、自立した人間だと思います。
自分はどうすればよかったのか。
もっと良い方法は何だろう。
誰かに聞くこと、自分で調べること、試してみること、やれることは沢山あります。
 
情報のチョイスはとても大事ですが、指先一つで数え切れない情報が溢れ出す現代社会で、必要で正しい情報を選び取るためには、家庭や園や地域社会でさまざまな人と触れる、教育を受ける、という経験の積み重ねが必要です。
自分の命も自分以外の命も大切にする人間になるには、痛みも喜びもたくさん経験しなければなりません。
 
3歳~5歳の子どもたちが、柔軟で強い精神と身体を持つ自立した人間に育つために、幼児教育の場である幼稚園は何を考えて、どんな教育をしているのか。
必ず話を聞いて見学して、幼稚園を選ぶことをお薦めします。
 
福島わかば幼稚園を知っていただく機会として、説明会と見学会を行います。
興味のある方はぜひお越しください。
学校法人 福島わかば幼稚園
福島県福島市笹木野字中西裏19-11
TEL.024-557-0331
FAX.024-557-9068
───────────────
●未就園児・満3歳児・3歳・
 4歳・5歳児クラス
●スクールバス運行
●長時間保育
───────────────
TOPへ戻る